スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のハニカム(と週アスネタ)(2009/6/30号)

E-P1のせいで書くのが遅れた。

今週の『ハニカム』は、梅雨と傘。



前半2ページはトッキーオンステージ。
20090620-01.jpg

お気に入りの傘を持ってカタツムリと戯れたりするトッキーが少女チックでかわいい。でも2巻のお祭りのときのようにはしゃぐトッキーをしばらく見てないので、そういう描写もまた見たい。

テンションが上がってきて傘を振り回していたら
20090620-02.jpg

電柱にひっかけて傘の骨が「ぼきーん」。そこへ通りすがりの御手洗登場。主人公(?)とはいえ、御手洗の偶然エンカウント率の高さは異常。これからバイトなので、当然ながら「とりあえず俺の傘入ってけば?」と相合傘イベント発生。「この状況じゃ仕方ないよなっ」とトッキーのツンデレ回路も発動。

20090620-03.jpg

御手洗が憎いので検閲画像でお送りしています。
りっちゃんと相合傘したときは御手洗もどきどきしていたのに、トッキーだと平然としてるのがまた憎い。

オチはこのシーンをりっちゃんが目撃して「ガーン」とお約束。あまりに「りっちゃんショックの巻テンプレ」をなぞった展開でちょっとびっくり。テンプレもいいけどさ、こう何回も同じパターンはさすがにどうなのか。「(御手洗じゃなく)王里と相合傘することになって揺れるトッキー。それを舞が目撃して…」うーん、これだと普通の恋愛漫画か。



(ネタバレおわり)
ここ何号か、週アスの巻末連載、岡田斗司夫の『ま、金ならあるし』は「DAICON III」ネタが面白い。今週はSF大会の大赤字をなんとかするため、(伝説の)オープニングアニメを売った話。赤字を埋めるため、悩んだ末に(当時としては)高額な1本1万円以上で売りに出したら600本以上が売れたとか。恐らく全国で無許可のダビングが繰り返されて、これを目にしたオタクはその何十倍にもなったことだろう(俺も何代目か判らない孫ダビングを見せてもらった一人)。設定資料集などもあったらしく、当時の庵野秀明が(自分一人で作画するから設定画不要なのに)詳細な設定を描いていたというのも可笑しかった。



<関連記事>
このブログで『ハニカム』に言及している記事一覧

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。