スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買物記録20090525

漫画 秋★枝 『純真ミラクル100%』2巻 芳文社

20090527-01.jpg

ん、こうして書き出してみると、俺の購入漫画における芳文社率高いな。
1巻がとても面白かったので2巻を楽しみに待っていたのだが、2巻は男ツンデレな二宮プロデューサーが、誤解を発端にモクソンにメロメロに撃墜される姿が良かった。仕事を唯一のよりどころに孤独を貫いてる男はこーゆーのに弱いよね。と「俺は判る男」を装ってみるテスト。
しかしまぁ、所長と工藤くんと武一さんの微妙な距離感描写とか、少女漫画といってもおかしくない本作までも幅広くラインナップに抱える芳文社にはほとほと感心する。3巻はオクソンの見せ場があるといいな。



漫画 10mo 『生徒会の一存』01巻 富士見書房

20090527-02.jpg

原作が面白かったのでコミカライズにまで手を出してみた。妄想・パロディシーンが絵になって読める面白さはあるものの、うーん…という感想。会長がちびっ子に見えないのが最大の敗因かな。原作者による巻末小説「漫画化する生徒会」とそれに続く展開はこの作品のメタ志向を存分に生かしていて○。



雑誌 『HiVi』 2009/6月号 ステレオサウンド

20090527-03.jpg

今月号で一番面白かったのは、巻末付近のコラム「エアチェックでGet!」。今月登場のエアチェッカーは麻倉怜士。
ヘビーなエアチェッカーとして有名な御大。ソニーのBDZ-X100の「x-おまかせ・まる録」を活用して「地引き網的に獲っている」という話からお気に入りの番組について語るのだが、「ちぃ散歩」に登場するテレビ朝日の矢島悠子アナについて

矢島さんは、学生時代、私の家の近くのピザレストランでバイトをしていた。多くの女子大生がバイトに来ていたが、可愛さ、活発さ、利発さ、レスポンスの的確さは抜群だった。


などと、自らのギャル観察談義に話をもっていくところがたまらない。

もうひとつ、BSジャパン「THE フライト~翼の時間」の「全日空ボーイング777-200」の回について、飛行機の話はそこそこに、こんな話に流れていく。

この回のハイライトは航空職人コーナーの羽田の航空管制官・川上翠紗さんの仕事ぶりだ。なんと、滑らかでハイスピードな英語指令なのだろう。抑揚が、実に優しく、女性的で耳に心地よい。こんな流麗な声にリードされるキャプテンになってみたいと妄想させるほどの、耳へのくすぐられようだ。こんな素晴らしい才能が航空管制官にいるとは、エアチェックしてみないと絶対に分からない。


いやー、麻倉御大のこんなアツイ語りを久々に目にしたよ。麻倉先生、その感情を世間では「萌え」っていうんですよ!
他にも「名機の肖像~魅惑のヴィンテージカメラ」を見ていたり、親近感の沸く秀逸なコラムだった。AV評論家が披露するエアチェック感想といえば、洋画、オペラ、クラシックと相場が決まっているところを、こういう話も堂々と語る御大はやはりタダモノではないと感じた。AV評論家としての言動には?がいろいろある人ではあるが、どうも憎めないのはこういう姿を見せるからなのだろう。



<関連記事>
このブログで『HiVi』に言及している記事一覧

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。