スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『true tears』聖地巡礼・城端曳山祭見物記<その2:城端曳山祭・昼間編>

<今川焼き あいちゃん>

高岡駅で一息ついた後、徒歩で向かったのは、今川焼き「あいちゃん」のお店のモデル「たこ焼き屋 HACHI-HACHI」。地図を見ると高岡駅から氷見線で一駅、越中中川駅のそばにあるものの、接続が悪くかなり待つことになるので徒歩でてくてく。ここぞとばかりに携帯(au)を取り出し、ezナビで「HACHI-HACHI」を検索してナビ開始。ezナビは2006年に神戸の某聖地を探索したときにも絶大な威力を発揮した実績がある。でもなんか遠回りルート指示されて、あやうく越中中川駅を通り越すところだった。


越中中川駅では、GWに地元富山に帰省していたZ氏が実家の車でお出迎え。I氏曰く、「なんで高岡駅に迎えに来てくれないの?」


  クリックで拡大
次の写真 >>

Z氏は、わざわざ富山駅まで出かけて、あいちゃん焼きのモデル「七越焼き」三種類を買ってきてくれてた。三人でむしゃむしゃ。
富山では「今川焼き」ではなく「大判焼き」と呼ぶのが一般的らしいけど、なんで『true tears』では「今川焼き」なんですかね。南富山駅には「月ヶ瀬」という今川焼きの有名店もあるみたいだけど関係あるのかな?
  test1
<< 前の写真

越中中川駅から歩いて1分ほどで「HACHI-HACHI」到着。「ここ、昔は駄菓子屋だったんだけどなー」とジモティのZ氏。なんでも母校がこの近くだったので、ここにはよく通っていたという驚愕の事実が発覚。左隣のお店は駄菓子屋テイストを保った店のまま。十段重ねの「ビックソフト」がウリらしい。
時間が無いので店内には入らなかったが、後に後悔することに。




<福光で宿にチェックイン>

Z氏の運転する車でアニソン流しつつ、まずは投宿する福光へ向かう。Z氏は前日に城端へ下見に行ってきたとのことで、城端曳山祭のちらしをゲットしていた。 市役所福光庁舎に車を止めて、今夜の宿「旅亭みや川」へ。


  クリックで拡大
次の写真 >>

この辺りの小矢部川河川敷も作中6話に登場している場所なのだった。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

宿へ向かう川沿いの道。沿道の桜に電飾のコードらしきものが見えるので、ここでも何かお祭りがあるのかもしれない。
  test1
<< 前の写真

宿に到着。楽天トラベルのページに「福光特産干柿(三社柿)と抹茶でお迎えいたしております」とあった通りのお出迎え。由緒あるっぽい旅館だ。
後で気づいたが、カウンターの脇には皇族や清原が泊まったときの写真が貼られていた。




<城端曳山祭へ>

福光から城端はあっという間に到着。交通整理で誘導されるなど、祭の雰囲気がただよってきた。まずは、祭のちらしを確保するため、城端駅に立ち寄る。


  クリックで拡大
次の写真 >>

駅舎内に置かれた噂の訪問者ノートは、中学生くらいの女の子が熱心に書き込んでいたので読むことができず。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

駐車場は城端小学校グラウンドまで誘導された。県外ナンバーの車はあまり見かけない。
グランドそばの道には灯篭が。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

小学校の近くでは子供たちが獅子舞を踊っていた。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

城端の中央通り(国道304号)に出る。
石動家のモデルとなった町営住宅団地。今日は祭のための足場が組まれていた。町営団地がこの佇まい! さすがは「越中の小京都」と呼ばれるだけのことはある。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

町営住宅団地のすぐ隣にP.A.WORKSの入っているJECビル(南砺市起業家支援センター)がある。JECは「Johana Entrepreneur support Center」の略らしい。
「入居者の紹介」を見るとP.A.WORKSのビル内シェアはかなり高いぞ。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

京都の料亭をミニチュアで再現している「庵屋台」。すんごい細かいところまで作り込んである。
この中には、唄い手・囃子方が乗り込んでいる
 
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

曳山(山車)。町ごとに全部で6種類ある。これは西上町の「恵比寿」。
城端観光協会のサイトには「曳山はその車輪のきしる音から別名「ギュウ山」とも呼ばれています」と書かれていたが、ほんとにすごい音がする。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

城端曳山会館前にて。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

ここまで昼飯も食わずに行動してきたので腹ごしらえ。いろいろと屋台が出ていたが、これはヤマメの塩焼き。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

骨まで火が通ってて丸ごと全部食べられた。美味し。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

曳山会館前での庵唄披露。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

ちょっと裏手に入って、作中公民館のモデルとなった善徳寺会館。
 
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

善徳寺門前はいかにもお祭りといった雰囲気。
  test1
<< 前の写真 次の写真 >>

そこへ曳山がやってきてぎゅぎぃぎゅ~と音をたてながらターン。
  test1
<< 前の写真

善徳寺の境内はお祭りとは対照的に落ち着いた面持ち。


『true tears』聖地巡礼・城端曳山祭見物記<その3:城端徘徊と夜の祭編>に続く



<関連記事>
『true tears』聖地巡礼・城端曳山祭見物記<その1:富山、遠いよ富山編>
『true tears』聖地巡礼・城端曳山祭見物記<その3:城端徘徊と夜の祭編>
『true tears』聖地巡礼・城端曳山祭見物記<その4:石動経由金沢編>

旅行当日の更新分
そうだ、城端へ行こう<その1>
そうだ、城端へ行こう<その2>
そうだ、城端へ行こう<その3>
そうだ、城端へ行こう<その4>

そもそもの発端(ITmediaの紹介記事感想)
聖地巡礼2.0…なのか?

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。