スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買物記録20090502

くそー、ヒラコーの『以下略』がいつもの書店に売ってなかった。

漫画 冬目景 『ももんち』全1巻 小学館

20090503-01.jpg

スピリッツ掲載時のカラーページは一部を除いてモノクロになると思ったらカラー収録されてた。その分お値段少し高め(本体743円)。でも、掲載時モノクロページへの着色(「塗り下ろし」だとか)はイマイチ。これならモノクロのまま収録してほしかったな。

スピリッツで一度読んでいるので、単行本では俺の苦手な「脳内CV再生読み」を練習してみた。
もも:花澤香菜 お姉ちゃん:生天目 夏樹:清水香里 由芽:渡辺明乃 松本君…野郎はいいか。
もも=花澤はかなりいいかんじ。「ひゅう、あんみつー」「しゃくとりむし」とか。いかにも花澤が言いそう。
お姉ちゃん=生天目はまぁまぁ。「ケンタ●●ーのケンタ」は名言。
あとの二人の脳内再生はかなりやっつけなかんじ。
結局どれだけそのCVの特徴を脳内にサンプリングできてるか、にかかってるんだよなぁ。その点俺はまだまだ精進が足りないようで。



雑誌 『DOS/V POWER REPORT』 2009/6月号 インプレスジャパン

20090503-02.jpg

前回の記事をインプレスの中の人に見られてしまい、ひやひやもの。

パワレポ今月号では「PCのオーディオ環境を強化する」という記事があったが、初心者向けでちょっとがっかり。
雑誌でもWEBでも、大手メディアではPCオーディオの突っ込んだ記事がほとんど見られないのは、需要が少ないってことなんだろうか? オンキヨーが音楽再生特化PCを出したりLINNが高級ネットワークオーディオをリリースしたりするご時勢なので、オーディオ用自作PCの記事も今ならそこそこ需要あるのでは?
「Lynx VS RME インターフェース頂上対決!」「PCトランスポートの接続事例と使いこなし」とか読んでみたいよ。

<巻末漫画:『わがままDIY』>
今回のテーマは「お花見PC」。会社のお花見の場所取りをする志乃とわらし様。車のバッテリーを「シートの重し」と称して持ち込み、弁当箱に詰め込んだPCと旧式の大型ノートPC(キーボードと液晶だけ利用)を接続して「高解像度なヒザの熱くないモバイル環境!」を構築。

20090503-03.jpg
操作の邪魔になる桜の花びらをUSB扇風機で吹き払う、という小ワザが素敵。
今回、志乃がかわいく描けているシーンが多くてGood!

わらし様が設定した携帯の着信音がサトームセンの歌だったり、花見PCから自分達が「桜開花情報ページのライブ映像」に映ってる姿を見て狼狽したり、1コマ単位であれこれとネタを詰め込む作者のサービス精神は好感が持てる。

20090503-04.jpg
最後のコマは「わらし様にしては低速なアナログ回線」の糸電話で話しながら頭上からの眺め。
丁寧に描きこんだ風情のある良い1コマ。

たった2Pなのに今回も盛りだくさんで楽しかった。単行本出て欲しいなー。

コメントの投稿

非公開コメント

ももんち、毎月DLって自作DBにつっこんでる、まんが王の発売リストに載ってなかった謎。全1巻なんですね残念。買おうっと。

以下略は…萌王・コミックコンプ版を単行本に…無理か。

少頁連載は切り取り重要

ももんち、あっさり終わっちゃいましたね。松本君がデレるところがもっと見たかった。
あとがきに「(機会があったら)続編なんぞを描くやも」とあったので、いつか大学生編を見ることがあるかも?

『進め!以下略』が載っていたエース桃組とコンプエースは切りとっておけばよかったなぁ、と反省してます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。