スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のマガジン・サンデー(巻末ページ特集)

今週のマガジンは全体的にG☆度数がかなり高かった。
『はじめの一歩』には久しぶりに



クミちゃんが登場して「用がないと会いに来ちゃダメですか?」とか言うし
『ダイヤのA』にはめったに出てこない女子マネ四人組が4コマも出番あったし。
『ベイビーステップ』はわざわざ着替えて私服のおめかしなっちゃん&「ズルイよ」発言が見られたし。
そういや、影山くんは「お前らがさっさとくっついてくれなきゃ困るんだよ」って言ってたけど、困る理由は影山くんが眼鏡ちゃんに気があるからか。なんという策略家。先週「イイ奴」と書くんじゃなかった!

でも、『エデンの檻』だけはこのblogで取り上げたら負けかな、と思っているので取り上げまセン。



さて、今週、予告もなく福満しげゆきが再々登場。掲載は「編集長のお情けと諸般の事情により」とのこと。
20090415-01

諸般の事情はコレ。
20090415-03

福満しげゆきの漫画がマガジンの読者に受け入れられてるのかは疑問。作者はもっと載せて欲しいみたいだけど。



今週からの新連載、藤崎了士 『第九征空騎兵師團』 協力/清水としみつ メカデザイン/藤岡建機

サンデーで『ワイルドライフ』を描いていた藤崎聖人が、藤崎了士と改名してマガジンで連載開始。
(ワイルドライフについて)「5年間やってきて、心の底からよかったと思ったことなどひとつもない作品」という発言で雷句誠の訴訟問題とセットで取り上げられた作者だが、雷句ともども講談社入り。

作者サイトの4月8日の日記

小学館にはお世話になったのでワイルドライフの後にも一作描いたから自分としては不義理なことはしてないつもりです。


藤崎先生、文脈が繋がってないよ!
わざわざそういうことは書かなくていいんじゃないのかなー、と思うけど、当事者としては書かずにいられないものなのか。思うところがあるなら久米田のようにぶちまける方が好感が持てるけど。

で、今週のマガジン巻末の一言。
20090415-02a

「円満に」って、わざわざそ(ry

ま、そんな事情はともかく、設定だけ見ると「海面上昇世界」「前進翼の戦闘機(?)がうじゃうじゃ」など面白そうではある。設定だけ見ると。
清水としみつと藤岡建機をマガジンが呼んできた、ということが少し驚きかな。最初からメディアミックス狙い?



今週は巻末ページ特集ということに(今)決めたので、サンデーも。
俺はどの漫画雑誌でも作者の巻末コメントは欠かさず読んでる。

マガジンの巻末がフリースタイルなのに対して、サンデーは「お題」方式。
どっちが面白いかはそのとき次第だが、面白いお題のときは個性が比較できるサンデーの巻末が面白い。
今週のお題は「もし、宇宙人が訪ねてきたら、日本代表としてどこにつれていきますか?」

20090415-04
畑健二郎4点。もうちょっとヒネリが欲しい。

20090415-05
満田拓也5点。笑ってしまった俺の負け。

20090415-06
若木民喜7点。若木は毎回短いセンテンスでさらりと笑いを取るのが上手いな。

20090415-07
なつみん8点。何日目か書いてないけどもちろん最終日だろう。東1~3(エロエロ激戦区)じゃなくて東4というところに感じ入ったので今週の最高得点はなつみんに決定。

なつみんはほんと漫画以外が面白いなー。連載打ち切られても他の漫画の柱を描いて欲しいくらいだ。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。