スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のハニカム とかいろいろ

GX200のマニュアル読んでたら、モノクロ撮影モードでコントラストとシャープネスが調整できる上に、撮影後のレベル補正まで可能だと知って驚き。特に漫画撮影でレベル補正は非常に重宝する。
これでもうPhotoShopは使わなくていいや。



今週は、ハニカムにやってきたいきさつを語るトッキー。

20090414-01

また「あの日」ネタですかい。さすが女性作家というべきか、さすが桂明日香というべきか。
よく見ると、貧血で倒れているトッキーはおさげ髪。ちゃんとした絵でおさげトッキーも見てみたい。

「そんな虚弱体質で会社を継ぐのは無理だ」といって婿を取らせようと見合い話を進めるトッキー父。
いや、店員じゃなくて会社経営を継ぐんだから、虚弱体質でも別にいいんじゃないの?
…とか言うとお話が進まないので、お父さんを見返す方向で盛り上がることに。

20090414-02

恋敵のはずのトッキーを助けようと立ち上がるりっちゃん。「勝手な親」というのが共鳴ポイントかな?

で、次週以降、うまいことお見合い話を粉砕した後、またまた(貧血で)トイレくんの腕に掴まるトッキーを見て、「助けるんじゃなかった!」と歯噛みするんですね。わかります。そこがりっちゃんの良いところ。




週刊アスキーには「R40!」という大槻ケンヂの対談ページがあって、けっこう楽しみに読んでる。
「40代になってわかったこと」を主なテーマに、同年代のミュージシャンをゲストに呼んで対談するコーナーだ。
今週のゲストは影山ヒロノブ。面白かったのはアニソンライブで観客が立ち上がって盛り上がるようになったのはいつ頃からか? という話。昔は皆おとなしく座ってたものだけど、(影山の近辺では)スパロボのイベントライブが初めてだったらしい。

確かにその昔、某アニメファンクラブ大会のライブでは皆座ってたな。っていうか一つの作品の公式ファン大会を、毎年、しかも全国複数か所かで開催してたのって今考えるとすごいな。や、脱線。

NG5のライブとかどうだったんですかね? もちろん行ったことないけど、スタンディングで当時の腐女子(今、貴腐人)がキャーキャー言ってたような勝手なイメージがあるけれど。



アスキーからもうひとつ。
ネットをあまり巡回しない俺の場合、ネットの流行りものやトピックを簡単に紹介するページもそこそこ面白い。以前は「けっ、拾ってきたネタを記事にしやがって。旬は過ぎてんだよ!」と思ったりしたこともあったものだが。

で、今週紹介されてたニコ動。



ムダに美声でムダに録音スキルが高いのがなおさら重症ぶりを際立たせるというか。「病院逃げて」にワロタ。



アスキーを離れてニュース一つ。

デザインニュース:同人アニメをBlu-rayで自主販売

DVD通販しようかなぁ、と思ってた『星に願いを COLD BODY + WARM HEART』がなんとBD化。これは買わねば。沢城がどんな声で演ってるのかも興味あるところ。

この調子で『イヴの時間』もBDで出ないかなー。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。