スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『わがままDIY』単行本発売を喜ぶ


店舗特典カード欲しさに3冊購入。普段は絶対やらない。

アニメイトにも特典あることを忘れてたので補完したゾ。

各カードとも店舗の意匠に合わせたイラストのみならず、4コマネタも各店舗の特色を入れ込むとか、作者の本領をムダに(?)発揮していて恐れ入る。





「DOS/V POWER REPORT」(以下「パワレポ」)をいつから購読するようになったのか、はっきりとした記憶はない。パワレポの創刊は1991年の秋、1995年12月から月刊化したそうだが、自分が友達から教わりながらPCの自作を始めたのが1997年頃。その頃から自作の参考のためにちょくちょく購入していたのは間違いない。



過去の自作PC懐かし写真(1):2002年冬頃のメインマシン。M/BはASUSのa7m266、CPUはAthlon XP。当時流行し始めた静音に凝って、ファンコンのつまみが4コある。光学ドライブはYAMAHAのCD-R、松下の出たばかりなDVD-RAM、PLEXTORのSCSI接続なCD-R。




パワレポは、Ta 152H-1氏によるマザーボードの詳細解説、ベンチマーク比較、後藤弘茂氏のCPUやチップセットのトレンド解説といった硬派な記事の中に、「高橋敏也の改造バカ一台」「ハンダでGO!」といったお馬鹿ノリの記事の対比も面白く、「パーツ一覧」的な便利資料も豊富で、ネット時代になっても「紙でまとめて読む」意義が残っていると思わせるPC雑誌だ。(だからこそ、自作系PC雑誌が淘汰された今でも発刊が続いているのだと思うが)



過去の自作PC懐かし写真(2):当時としては巨大だったALPHA製ヒートシンク。スペーサーとして1cm厚の銅のカタマリが付属していた。


過去の自作PC懐かし写真(3):紙パックで作ったCPUダクト(ファンレス化)。背面ファンに径12cmリブ厚38mmのものを使っていたので、こんなイイカゲンな工作でも熱的には全く問題無かった。




そんな中で異色に思えた連載記事が巻末の漫画枠だった。1コマないしは4コマ的な漫画は他のPC系雑誌にも載っていたが、巻末2ページにまとまった量の漫画を載せるというのが目新しく「へぇ」と思っていた。けれど、漫画自体の魅力という点では自分にフックするほどのものでもなく、さらりと読み流していた。そう、『わがままDIY』が連載されるまでは。(前フリ長いな)

『わがままDIY』の何が自分にフックしたのか、というのは上手く説明できないけれど、「ああ、描いている作者はPCの自作が好きなんだなぁ」というのがじわじわ伝わってくる(普通の商業漫画雑誌では絶対に載らない)ネタの数々、「この枠で原稿料たいして出てないと思うんだけど(失礼な!)たんねんに細かく描き込んでるなぁ」とか、そういう部分に惹かれていたのだと思う。もちろん、漫画としての魅力は『ふおんコネクト!』を挙げるまでもなく十分なものを持っている作者の力量があればこそ、というのは言わずもがな。

『わがままDIY』の連載効果は(自分にとって)絶大で、毎号買うほどではなかった購読率が「今月買い逃してないよな!?」と気にするほどの100%になり、「買ったら電車の中でまず巻末を開く」というほどになり、「単行本なんて絶対出ないから、いつかまとめてスキャンしないと」とバックナンバーを捨てられないことになってしまった。

今回、購入した単行本を電車の中で読んでいて、連載初期の話を懐かしく思い出しながら、単行本が出た嬉しさとあいまって終始ニコニコ顔だったと思う。このブログにも連載時の感想を何回か書いているけど、「単行本なんて出ないよな…」と毎度ぶつぶつ言っていたことが嘘のようだ。

というわけで、発売日から少し日が経っちゃたけど、祝・単行本発売!
(1)ってことはまだまだ続くんだよね? 志乃の娘が主人公になった二代目編とかあったりして?


なお、「俺の嫁」発言をネットで一度もしたことのない自分だけど、志乃は嫁にしたい二次元キャラ第2位だ。この面倒見のよさと生活力、状況適応力。人情に訴えれば大抵のことは笑って許してくれそうだし、結婚して欲しいよ! 切実に。



<関連記事>
このブログで『わがままDIY』に言及している記事一覧

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。