スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームクラブにハマル

いや、毎日ドリクラばっかしやってるわけではないけど。期末は何かと大変なので…。
予約して買ったラブプラスもまだDSに刺してないありさま。

と、愚痴っても始まらないので、今日はDREAM C CLUB(ドリームクラブ)について。

発表されたときは「D3がアイマスをパクって作ったイロモノゲー」くらいに思われていたような気がするけど、いざフタを開けてみれば消化率9割の大ヒット。面白半分で予約した自分もすっかりはまってしまった。

このゲーム、何が面白いかと言われれば、まずは女の子の酔ったときの反応。声優陣のワザも含めてかなり楽しめる。女の子が酔ったシーンというのは他のギャルゲでもあるにはあったが、ここまで前面に出したのはD3による新たな鉱脈の発掘と言ってもいいのでは(ってホメすぎ?)。

20090916-01.jpg亜麻音(CV:小清水亜美)の酔った一幕。

全キャラ胸元が無防備なこのポーズがある。あざといなぁ、と思いつつニヤケル。
小清水はお嬢様演技もかなりがんばってる印象。



もう一つは歌と踊り。『アイマス』も『初音ミク -Project DIVA-』もそうだけど、人間、歌と踊りがあるとそれだけでけっこう惹かれちゃうものなのかも。ドリクラでは「店内でカラオケを歌う」という設定だが、全員が全曲を歌うというアイマス方式。

しかも、酔ったときの歌(通称:カワオケ)と専用のモーションまで用意するという周到ぶり。ドリクラ「プレリュードブック」の代表者インタビューによると「酔っているのに、カラオケになったとたん素面に戻ったのでは興ざめでしょう」ということらしいが、単純に収録曲は2倍、モーションも2倍。制作上の手間はハンパなく増える。実際、全パターンは220曲もあるのだから恐れ入る。こういう「馬鹿なこだわりに手間隙かける」姿勢は大好きだ。

カワオケは、ニコ動で「カワオケ」検索すると色々見ることができる。
どのキャラも面白いけど、特に雪っちゃん(CV:水橋かおり)と、るい先生(CV:原田ひとみ)はオススメ。







<ネット対戦!?>
さて、面白いと思って俺がドリクラをずんずん進めているかというとさにあらず。なぜならネット対戦にはまってしまったからだ。当初「このゲームでネット対戦ってナニやるんだよw」と笑われていたりしたが、要はリズムゲーで点数を競うという内容だった。

とはいえ、「最大4人戦」「自分がミスさえしなければ同点で1位になる」「ノート(音符)の判定はGoodとBadしかない」など、かなりシンプルな内容。対戦というよりは「いかにミスしないか」という自分との戦いなので戦略性もなにもない。ま、おまけ要素だし。

20090916-02.jpg同点(満点)1位になった場面。簡単な曲だと、4人全員1位ということもよくある。


ところが、いざ対戦をやってみるとけっこう熱い。

・簡単な曲は「1ミスで最下位」というプレッシャーがかかる
・リアルタイムに順位が表示されるので、プレッシャーがかかる(ミスした人は沈むので判る)

など、けっこう心臓バクバクだ。1ミスで自分だけ4位、残り3人が1位だったりするとけっこうヘコむ。

また、判定はかなりクセがあり、画面上でノートとリングが重なる位置から後方に広くGood判定があり、早押しは少しのずれでもBadになる。そのため実際のリズムより遅らせ気味で叩く必要がある。しかも通信状況によってノートがガクガクとラグったようになることもあって、譜面を覚えても常にパーフェクトを叩くのはけっこう難しい。

ちなみに、2chの対戦スレ(ドリームクラブLive支店 スレ)での雰囲気は、争うというより「お気に入りキャラの愛好者同士がリアルに酒を飲みつつ共に楽しむ」という雰囲気で、「全員1位だと連帯達成感を感じる」ような和やかな雰囲気なのも居心地がいい。酒を飲みつつやるのは愉快度がぐんと上がるのでオススメ。ミスも増えるけどね。



<対戦のご褒美>
対戦で1位になると、女の子からご褒美として2万円がもらえる。2位:1万円、3位:5千円。ただし、3人戦で1位になっても1万円。2人戦なら1位でも5千円。最下位になってもペナルティは無いのでその点では気楽だ。

20090916-03.jpgで、対戦を続けているとどうなるか? こうなる。

所持金が999999円でカンスト。本編でバイトしなくても全くお金に困らない。酒飲み放題、プレゼントし放題。


また、順位に応じて、そのキャラの「好感度ポイント」が(4,3,2,1点と)付くので、キャラごとに累積ポイントを争ったりもしている。

20090916-04.jpgちなみに、現在の俺の雪っちゃんランキング。上位3名はシステムバグで99999点なので、実質は9位。

なんで雪っちゃんなのかって? 炉だから…じゃなくて! 「雪っちゃんの歌(演技)は面白いなぁ」と思って続けていたらいつのまにか。完全にキャラ声で色々歌う水橋はかなりイイ仕事してるんだよ。感心した。




<対戦でのその他の楽しみ>
対戦では

・ゲーム中の時間が経過しない
・隠しキャラ含めて全キャラ選べる
・全曲選べる(ただし、対戦メンバーの誰のリクエストがかかるかはランダム)
・衣装も選べる

といった点でも楽しめる。色々なキャラで衣装をとっかえひっかえしながら、まだ聴いたことのない曲がかかるだけでもけっこう楽しい。

ドリクラの衣装は「実績解除でGETできるけど、先に欲しい人は320MSPでアンロックするよ」という内容。お手ごろ価格なのでほいほい購入しちゃったり。水着とかチアガールとかは新鮮味がないけど、現在一番のお気に入りは「魔女」。

20090916-05.jpg雪っちゃんに魔女コス着せたところ。色あいからしてハロウィンの仮装ってイメージかな。


20090916-06.jpg右スティックでぐるぐる回せます。
回転を止めると乳が横揺れするキャラも。雪っちゃんは揺れないのでるい先生のビキニ姿で堪能しよう!




<対戦後のキャラの反応>
最後は、対戦で1位になったとき、負けたときの反応を。それぞれ5種類くらいはあるようだ。

20090916-07.jpg雪っちゃん。
せいぜい4人なのに「チャンピオン」って。


20090916-08.jpgるい先生。
1位でもけっこう素っ気無いセリフが多いような。


20090916-09.jpgロボ子こと、アイリ。
~です。が口癖。瞳が十字なのは『マリオネットカンパニー』をちょっと思い出した。


20090916-10.jpg魅杏様(負けたとき)
ツンキャラはこうでなくちゃね。


20090916-11.jpg魅杏様(負けたとき)
期待してたんだ!? 負けてもちょっとデレ入ってきました。


20090916-12.jpg魅杏様(1位のとき)
お褒めのお言葉キター。テンプレ的反応と思っても顔がニヤケる。


20090916-13.jpg魅杏様(1位のとき)
デレ入りましたー!


以上、魅杏様劇場おしまい。

なお、今回の画面写真は例によってGX200で撮影したもの。手元に360のキャプチャ環境がないので、斜め補正機能は重宝した。
スポンサーサイト

『センコロール』を見てきた

ブログの更新が滞っているのは、『ドリームクラブ』にずっぽりはまっているため。しかも、ろくにストーリーを進めないでネット対戦に夢中。まさかこんなゲームで対戦にはまるとは。いやはや。ドリクラネーム「ていと」でやってるのでマッチングした人はよろしく。ちなみに俺の得意曲は「絶対アイドル☆宣言」と「横浜ラプソディ」。



さて、土曜にダメ仲間とアキバで飲み会の後、池袋で『センコロール』を見てきた。ず~~っと満席状態だったので、「劇場で5日前のチケットを予約するか」と行ってみると、運よく空席があったのでZくんと鑑賞。

20090908-01.jpg池袋テアトルダイヤのロビーにあったディスプレイ。

関係者のサイン入りポスター。真ん中に赤いペンで書いてあるサインは見覚えのある花澤香菜のもの。左手前にはかわいい(?)「センコ」ぬいぐるみ。




<感想>
面白い。特にセンコがぐにぐにと変形するアクションは「見たことがないものが動く」アニメートの面白さがあった。「ほとんど一人で作ったアニメ」というと、どうしても新海誠と比較してしまうが、「絵を動かすこと」に注力している宇木敦哉の作風は、新海誠とはベクトルが異なるように思った。

お話の方は、センコとは一体何なのか? どうして戦うのか? といった説明は一切無いまま終わるが、「見せたいもの」の意図が明確に伝わってきたので、不思議と不満は感じなかった。

シュウが戦いを挑んできた背景などの理由は、意図的に省いたところがありますね。30分は短いので、説明を始めるとそこで終わってしまうし、センコたちが何者かというのは、あえて言わないほうがいいかなと。アニメーション的な細かい描写以外、こだわりらしいこだわりが思いつかないんですが、そこだけはこだわりかもしれません。


パンフレットの宇木敦哉インタビューにはそう書かれていた。どちらかというと、アニメーター的指向の人なのかもしれない。

目当ての一つだった花澤香菜の演技は、やや抑え気味のトーンが新鮮。でも、ところどころに花澤節が顔をのぞかせる部分もあって満足。

収録では、オーディションの時から「自然な演技をしてほしい」というお話があったので、いわゆるアニメ的な演技ではなく実写に近い演技を練習して臨みました。


とのこと。



<制作環境その他>
制作環境は、パンフレットによると
動画(紙にシャーペン描き)>スキャナ取り込み>PhotoShopで彩色>After Effectsで動画合成
という手順らしい。

CGを使わなかったのも、僕自身がCGが下手なのと手描き独特のルックスが好きだっただけ。


ということらしいが、この場合「CG」とは3DレンダリングをともなうCGのことなのだろう。3Dを使わないということは全部紙に絵を描くということで、1秒8枚、計13,000枚の動画(=原画)を全部ひとりで描いたというのは気が遠くなる。

宇木敦哉の経歴を見ていて、「へー」と思ったのは、2002、2003年の『アフタヌーン』四季賞を受賞し、2005年には四季大賞を受賞しているということ(ってことは俺はその漫画を読んでるはずだ)。「手描きが好き」というのも、そういう漫画描きの資質から来ているところもあるんだろう。

なにはともあれ、面白い資質を持った人だと思うので次回作があればまた見てみたい。



20090908-02.jpgパンフレット。

16Pだが、意外と面白い内容だった。


20090908-03.jpgポストカードセット

パンフ買ったら付いてきた。


20090908-04.jpg主題歌の入ったCD

supercell 『君の知らない物語』 SONY RECORDS

なるほど、『化物語』EDとカップリングだったのね。

せいゆーむ

週末に風邪をひいた。寝込むほどではないので薬を飲みつつ仕事して、仕事から帰るとバッタリ昏睡。そんな毎日。俺は長時間寝ると朝方によく夢を見るのだが、昨日は夢に堀江由衣が出てきたのでその話でも。

俺は2次元キャラが出てくる夢を見ることはまず無い。これまでの人生で2、3回程度(10年くらい前に綾波と無言で一緒に釣りをした夢はなかなか良かった)。しかし、なぜか声優が出てくる夢は年に3回くらいの頻度で見るのだ。しかも、ここ数年、初夢に見ることが3回くらい続いた。生身の声優にたいして執着もないのにどういうこと!?

それでも、「最近気になる声優」が夢に出てくるならまだ判る。ところが俺の夢生成エンジンときたら、それほど興味関心の高くない人選をしやがるのだ(ちなみに今年の初夢は広橋涼)。中でも、堀江由衣は今回で3回目の最多出場。別に嫌いじゃないし、CDも何枚か持ってるけどさ、特にファンというわけでもないし、コンサートやイベントで生身を見たこともない。なのに何故?

今回の夢の内容はこんなかんじ。

夕方に家で新聞のテレビ欄を見ていると、21時から堀江由衣のライブ生中継特番があると知った俺。「へぇ、この時間帯にTVで生中継ライブなんてえらくなったもんだなー」と感心していると玄関のチャイムが鳴った。玄関を開けると堀江さん登場。

「中継車をこの家の前に駐めさせてほしいんですけど、いいでしょうか」
「いいっすよ」


わけわからん(笑 さすが俺の夢。

で、俺の母親が出てきて(実家だったのか!)「お茶でもどうぞ」と言って、あがってきた堀江さんと軽く会話。
「リハーサルとか大変なんじゃないですか?」(俺)
「ええ、徹夜で今朝までやってたんですよ」(堀江)
「そりゃあ、大変だ」(俺)


なんか妙に冷めてる俺の口調が可笑しい。しかし、ナニをどうしたらこんな夢になるのか。フロイトでもユングでもいいから教えてよ! というか、どうせ声優を出すんだったらもっと人選は慎重にやってくれ!>俺の夢。
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。